アクセサリ

SpigenのiPhone 6/6s Plus用MILスペックケース「iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid Carbon」を試す

iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid Carbon

iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid Carbon

Spigenが販売するiPhone 6/6s Plus用ケース「iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid Carbon」を試してみました。

現代的直線美と耐衝撃性を兼ね備えたケースです。

iPhone 6/6s用ケース「iPhone 6s Case Neo Hybrid Carbon」も販売されています。


iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid Carbon

iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid Carbon

iPhone6s Plusネオ・ハイブリッドは、弾力性のあるTPUケースにポリカーボネート製のハードフレームを組み合せた2重構造方式が採用されています。

このハードフレームのカラーがポイントで、スポーティな雰囲気を感じます。


iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid Carbon

iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid Carbon

TPUケースの背面にはカーボン調のデザインがされていて、内側には網状パターンが施されています。

アメリカ国防総省が制定した「MIL-STD 810G-516.6 Shock」(高さ1.22mから合板(ラワン材)に製品を閉じた状態で26方向で落下させる試験)規格に準拠しているそうです。


iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid Carbon

iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid Carbon

ケースを装着する方法ですが、まず、TPUケースをiPhone 6s Plusに装着し、背面側からハードフレームを押し込みながら装着します。

TPUケースにハードフレームを装着した状態だと、遊びが出来ずに装着出来ないと思います。


iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid Carbon

iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid Carbon

iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid Carbonは、ハードフレームのラウンドデザインにより、手で握った感じがしっくりくる気がします。

見えない部分までこだわる繊細な設計も、ネオ・ハブリッドを選ぶ理由だと思います。


iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid Carbon

iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid Carbon

iSightカメラ回りは、十分な穴が空けられていて、レンズガードの出っ張り部分の高さも気になりません。

背面部分に施されたカーボンテクスチャーが良い感じです。


iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid Carbon

iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid Carbon

ボリュームボタンと電源ボタンはiPhone 6s Plusの質感を生かしたデザインがされています。

サウンドオン/オフボタン部分は、穴が設けられています。


iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid Carbon

iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid Carbon

3.5 mmヘッドフォンジャックにApple EarPods with Remote and Micを、Lightningコネクタに、Lightning - USBケーブルを接続してみました。

どちらも問題なく使用することが出来ました。


iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid Carbon

iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid Carbon

iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid Carbonを外す場合、一辺の角を背面に押し出すようにして浮かせます。

MIL規格性能ケースのため簡単には外れませんが、コツをつかみさえすれば、容易だと思います。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事