アクセサリ

SpigenのiPhone 6/6s Plus用ハイブリッドケース「iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid EX」を試す

Spigen iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid EX

Spigen iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid EX

Spigenが販売するiPhone 6/6s Plus用ケース「Spigen iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid EX」を試してみました。

ポリカーボネート素材とTPUを組み合わせたハイブリッドケースです。

iPhone 6/6s用ケース「Spigen iPhone 6s Case Neo Hybrid EX」も販売されています。


iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid EX

iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid EX

iPhone6s Plus ネオ・ハイブリッド EXは、透明度の高いTPUケースにポリカーボネート製のハードフレームを組み合せた2重構造方式が採用されています。

このハードフレームのカラーがポイントで、iPhone 6s Plusの本体カラーが損なわれないように配慮されています。


iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid EX

iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid EX

ケースを装着する方法ですが、まず、TPUケースをiPhone 6s Plusに装着し、背面側からハードフレームを押し込みながら装着します。

TPUケースにハードフレームを装着した状態だと、遊びが出来ずに装着出来ないと思います。


iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid EX

iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid EX

iPhone6s Plus ネオ・ハイブリッド EXは、旧モデルのバンパー2重構造式だった「iPhone 6 Plus Case Neo Hybrid EX」とは、構造がまったく違うモデルとなっています。


iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid EX

iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid EX

フレーム部分はデバイスよりも、表面0.4mm、背面0.8㎜高く設計されているのでiPhone 6s Plusの画面を下にして置いてもスクリーンが擦れず安心です。

サウンドオン/オフボタン部分は、穴が設けられています。


iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid EX

iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid EX

iSightカメラ回りは、十分な穴が空けられていて、レンズガードの出っ張り部分の高さも気になりません。

この背面側から見ることで、ケースの透明度が高いことが分かると思います。


iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid EX

iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid EX

3.5 mmヘッドフォンジャックにApple EarPods with Remote and Micを、Lightningコネクタに、Lightning - USBケーブルを接続してみました。

どちらも問題なく使用することが出来ました。


iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid EX

iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid EX

iPhone 6s Plus Case Neo Hybrid EXを外す場合、一辺の角を背面に押し出すようにして浮かせます。

TPUケースは、わりと固めのため簡単には外れませんが、コツをつかみさえすれば、容易だと思います。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事