Watch

内部資料から、Apple Watch Series 7の仕様が判明

Apple Watch Then and Now

Apple Watch Then and Now

9to5 Macが、Appleの内部資料から、Apple Watch Series 7の仕様が判明したと伝えています。

Apple Sales 資料から、Apple Watch Series 7のチップは「S7チップ」で、Apple Watch SEよりも最大20%高速と記されています。

また、Apple Watch Series 6のチップは「S6チップ」で、Apple Watch Series 5よりも最大20%高速と記されています。

Apple Watch SEとApple Watch Series 5は「S5チップ」搭載のため、この資料から、Apple Watch Series 6とApple Watch Series 7の性能は同じだと考えられます。

アルミニウムの場合はIon-Xガラス、ステンレスの場合はサファイヤガラス、ストレージサイズは32GBで、Apple Watch Series 6と同じだと分ります。

測位衛星として中国の「Beidou」が新たに追加され、Apple Watch Series 7の高速充電に対応した「Apple Watch磁気高速充電 - USB-Cケーブル」が同梱されていることも分ります。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事