Beats

Beats by Dr. Dreのアクティブノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤフォン「Beats Studio Buds」を試す

Beats Studio Buds

Beats Studio Buds

Beats by Dr. Dreが、防水規格IPX4に対応したアクティブノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤフォン「Beats Studio Buds」を販売開始したので試してみました。

Studio Buds は、iOS デバイスの「探す」、Android デバイスの「端末を探す」の両方に対応した初めての Beats 製品です。


Beats Studio Buds

Beats Studio Buds

イヤーバッドは最大8時間の再生が可能で、2回分の充電が可能なポケットサイズの充電ケースを使用すると、合計で最大24時間再生することができます。

ANC または外部音取り込みモードをオンにすると最大5時間、充電ケースを使えば、合わせて最大15時間利用可能です。

バッテリー残量が少なくなっても、Fast Fuel 機能により 5 分の急速充電で最大 1 時間再生できます。


Beats Studio Buds

Beats Studio Buds

Beats Studio BudsはUSB-C充電により行います。

Apower Electronicsの定格容量400mAh、5W出力/入力「AEC701346」バッテリーを搭載しています。

ワイヤレス充電には非対応となります。


Beats Studio Buds

Beats Studio Buds

Beats Studio Budsには、3種類のイヤーチップ(Mサイズはイヤフォンユニット装着済)、USB-Cケーブル(20cm)、ステッカー、説明書などが同梱されています。

USB-C充電時の入力電力は最大18Wとなるようです。


Beats Studio Buds

Beats Studio Buds

BluetoothマスターチップはMediaTekのBeats用カスタマイズモデル「MediaTek MT2821A」が搭載されています。

また、Cirrus Logicのアクティブノイズリダクション用低電力オーディオDSP「Cirrus Logic CS47L66」が搭載されています。

ヘッドセット横にフィードフォワードマイクピックアップホールがあり、ヘッドセット下部の隙間にコールマイクのピックアップホールが装備されています。

(参照:52audio.com


Beats Studio Buds

Beats Studio Buds

2 枚の振動板を採用した独自の 8.2 mmドライバは硬質なピストン軸を柔軟なハウジング内に搭載したことで、パワフルでバランスのとれた音響を実現しています。

デュアルチャンバー採用により高度なステレオセパレーションを達成し、周波数カーブ全体で高調波歪率を低減することによって、ひとつひとつの音をクリアに聴きとれるようになっています。

音の口にある細かい防塵ネット越に、フィードバックマイクを見ることができます。


Beats Studio Buds

Beats Studio Buds

Beats Studio Budsケースの蓋を開けて、ロックを解除した iPhone、iPad、iPod touch に近付けるだけで設定画面が表示されます。

また、Fast Pair を使って Beats Studio Buds を Android デバイスとペアリングすることもできます。

Android 6.0 以降を使っていること、Bluetooth と位置情報が有効になっていることを確認して下さい。


Beats Studio Buds

Beats Studio Buds

Beats Studio Buds のアクティブノイズキャンセリングでは、外向きのマイクが外部の音を検知し、その音と釣り合うアンチノイズ機能によって、外部の音が耳に届く前に打ち消されます。

内向きのマイクは耳の内側の不要な音を聞き取り、それもアンチノイズ機能で取り除きます。

外部音取り込みモードでは周囲の音が聞こえるので、周囲で何が起きているのか耳で察知できます。


Beats Studio Buds

Beats Studio Buds

iOS 14.6以降デバイスおよびAndroid 6.0以降デバイスのいずれにも、ワンタッチでシンプルにペアリング可能です。

Beats Studio Buds のイヤーバッドや充電ケースをなくした場合は、「探す」を使って探し出せます。


Beats Studio Buds

Beats Studio Buds

周囲の音を聞く必要がある際は「b」ボタンを長押しして、外部音取り込みモードへ簡単に切り替え可能です。

Studio Buds は、iOS デバイスの「探す」、Android デバイスの「端末を探す」の両方に対応した初めての Beats 製品です。

イヤーバッドを紛失しても、Bluetooth と接続していれば最後にイヤーバッドを確認した場所をもとにすばやく見つけられます。

また、近くにある時はサウンドを再生できます。


Apple Music

Apple Music

Beats Studio Budsで、Apple Music再生してみました。

ドルビーアトモスでミキシングされた曲の再生時に、Beats Studio Budsが自動的に空間オーディオに対応するため、鮮明さを備えた臨場感あふれるサウンドを楽しめます。

Appleチップを搭載していなくても、Apple側が対応すれば空間オーディオ自動再生は可能だということです。


Audio Frequency Analyzer

Audio Frequency Analyzer

トオンのiPhone用オーディオ測定アプリ「Audio Frequency Analyzer」を使用し、YouTubeにある「周波数テストトーン 1kHz. Sweep 20Hz - 20kHz」を再生し、1/3オクターブ・スケールで対数表示してみました。

低音域が持ち上がり、さらに中音域から超高音域まで持ち上がり、ベースが効いたミュージック向けの設定となっているようです。

ノイズキャンセリングオフの場合、低音域が下がり音質が変わります。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事