9to5Macが、Appleは、来週にも、iMac (Retina 4K, 21.5-inch, Late 2015)を発売するようだと伝えています。

現行のMac (21.5-inch, Late 2013)、iMac (21.5-inch, Mid 2014)のLEDバックライトディスプレイ解像度は、1,920 x 1,080ピクセルで、これが、DCI 4K仕様の4,096 x 2,304ピクセルになるとしています。


一般的に呼ばれる4Kは、テレビ用の「4K UHDTV」(3840×2160:16:9)ですが、Appleは、映画や、カメラなどで利用される「DCI 4K」(4096×2160 :1.90:1)となるようです。

Mac Pro (Late 2013)、MacBook Pro (Retina, 15-inch, Late 2013 以降)、MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)、iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014 以降)は、MST (マルチストリームトランスポート) モードが利用可能ですが、Mac Pro (Late 2013)、iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014 以降)だけが、DCI 4K/60Hz出力対応のため、ターゲットディスプレイモードが利用可能だとしても、機種限定になるかもしれません。


関連エントリー:DigiTimes:9月上旬から「iMac (Retina 4K, 21.5-inch, Late 2015)」生産開始?



PR

Category

Calendar

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する