モリサワ

モリサワ

2010年2月3日〜5日にサンシャインシティコンベンションセンターTOKYOにて開催された「PAGE 2010」で、モリサワが、同社のモリサワフォントを使用した「電子文庫iPhoneアプリソリューション」を展示していました。

かなり以前から、モリサワフォントを組み込んだ電子ビューアアプリは展示されていましたが、ようやく、ビジネス展開が始まったということになります。


オーサリングツール

オーサリングツール

作業としては、最初に、モリサワのMC-B2形式データか、Adobe InDesign CS4データで本文データを作成します。

作成されたデーターを、オ−サリングツールで読み込みます。このツールは、Winodwsのみで、Mac版の提供予定は無いそうです。

右側に表示されるiPhoneシミュレーターを見ながら、ルビ、異体字、画像挿入、インデント、改行、改ページなどの設定を行う事が出来ます。

異体字は、編集画面では、CIDコードですが、iPhoneシミュレーター上では異体字フォントが表示されます。


また、iPhoneアプリに埋め込みするフォント(漢字、かな)を選択することが出来ます。

編集作業が終了したら、エクスポートでモリサワ電子ドキュメント形式で書き出します。


iPhone SDK 補助ツール

iPhone SDK 補助ツール

次に、Mac環境で、iPhone SDK 補助ツールを起動し、モリサワ電子ドキュメントファイルを読み込みます。

このツールでは、表示名称、バージョン、アプリアイコン、スプラシュ画像、コンテンツファイル追加などを指定して、実行ボタンを押すだけで、iPhoneアプリとして書き出しが行われます。


これらのiPhone電子書籍ソリューションの提供方法についてですが、基本的に、モリサワと取引がある出版社向けに提供されますが、年間最低保証金額として10万円(予定)が必要で、かつモリサワと契約を交わした企業に対して提供されるそうです。

利用料金に関しては、アプリケーションが売れた金額に対して数%徴収する「ロイヤリティ式」を採用し、システム導入金額といったものは設定しない予定だそうです。

この、売れたらお金を支払う方式の方が、デベロッパー側の負担が少ないだろうし、モリサワとしては、これを主としたビジネス目的はなく、あくまで、モリサワフォントのプロモーションの一環と考えているようです。

なお、組み込めるフォントに関しては、年間最低保証金額に含まれているため、同社のフォントを導入していれば、その導入しているフォントを使用することが出来るそうです。

ただ、あまりフォントを追加すると、iPhoneアプリのサイズが10MB(3G回線でダウンロード出来る最大サイズ)を超えてしまうため、セレクトする必要があるでしょうとの事でした。

モリサワでは、iPhoneアプリだけでなく、AndroidやWinodws CE端末向けにも対応する予定だそうです。


関連エントリー
モリサワフォントを使用した電子文庫ビュアーアプリ「モリサワ文庫ビューア(Lite版)「銀河鉄道の夜」」を試す
第16回 東京国際ブックフェア:モリサワ
モリサワ、青空文庫ビュアーアプリを試験公開



PR

Category

Calendar

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する