WSJ

WSJ

WSJが、司法省はカリフォルニア州リバーサイドの連邦地方裁判所に提出した書類で、「外部の第三者」が20日にサイード・リズワン・ファルーク容疑者のiPhoneのロックを解除する方法をFBIに示したことを明らかにしたと伝えています。

この方法でロック解除出来れば、Appleの協力は必要無くなるとし、3月22日に予定されていた審理の延期を求めたそうです。

なお、この件はApple側にも伝えられているとのことです。


関連エントリー
TIME:FBI捜査における暗号解除問題について、Tim Cook CEOインタビューを全文掲載
岩城光英法務大臣、AppleとFBI捜査問題に関し「外部業者に求めることは出来るが、外部業者が拒否した場合、外部業者に協力を義務付ける規定は無い」との見解を示す
ワシントン・ポスト:AppleのCraig Federighi氏、FBI捜査における暗号解除問題について寄稿
ロイター:米NY連邦裁連邦地裁、Appleに対しロック解除を求める米司法省の請求を棄却
ABC News:Tim Cook CEO、FBI捜査における暗号解除問題について語る
Apple、FBI捜査におけるiOSにバックドアを設ける政府要求を拒否する公開書簡を公開


PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する