Computerworldが、AppleのWWDC 2012でMacBook Pro (Retina Mid 2012)が発表され、そこでRetinaディスプレイ対応アプリとして、Adobe PhotoshopAutoCADDiablo ?が紹介された件に関して、各社のコメントを掲載しています。

AdobeのMarissa Lee広報担当は、WWDC2012で披露されたのは未公開のPhotoshopビルド版で、Retinaディスプレイに対応したアップデート版は、今年後半にリリースする予定だと回答したそうです。

AutodeskのAutoCAD製品マネージャーRob Maguire氏は、リリース予定は未定と回答し、Blizzard Entertainmentからは回答が得られなかったそうです。

このPhotoshopに関して、ある関係者によると、ロードマップ上に不思議なコードネームの製品があるなとは思ったそうですが、それがRetinaディスプレイ対応版だとは、WWDC2012で発表されるまで分からなかったそうです。


関連エントリー
MacRumors:MacBook Pro (Retina Mid 2012)でスケーリング解像度以上のサイズで利用する方法
MacBook Pro with Retina displayのRetinaディスプレイ対応アプリと非対応アプリとの違いについて検証する
MacBook Pro with Retina displayのスケーリング解像度機能が凄い!
MacBook Pro with Retina display をチェック
MacBook Pro with Retina display ベンチマーク
MacBook Pro with Retina displayのバッテリー交換費用は17,800円
Apple、WWDC2012会場で「MacBook Pro with Retina display」を展示
iFixit:MacBook Pro with Retina display バラシレポートを公開
iFixit:MacBook Pro (Retina Mid 2012)のRetinaディスプレイバラシを公開


PR

Category

Calendar

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する