2017年09月20日(水)

iOS 11:緊急SOS機能

緊急SOS

緊急SOS

iOS 11から、本体横のスリープ/スリープ解除ボタンをを素早く5回連続で押すと、緊急通報にアクセス出来る「緊急SOS」が利用出来ます。

これまでのiOSでは、パスコード画面の左下に表示される「緊急」をタップし、緊急電話番号をダイヤルして(日本の場合は 119 など)、発信ボタン をタップする必要がありましたが、今回の場合は、すぐに「119」に電話することが出来ます。

また、ヘルスケアの「メディカルID」にある「緊急連絡先」を追加してあると、その緊急連絡先にメッセージと現在地情報が送信されます。


緊急SOS

緊急SOS

設定>緊急SOSで、利用時に自動通報する設定にすることも可能です。

緊急SOS機能そのものをオフにする設定は用意されていません。

この機能は、Apple WatchのwatchOS 3で「緊急SOS」機能として利用可能となっています。

なお、iOS 10.2 beta 段階で検討されていましたが、iOS 10.2 正式版では見送られていました。


関連エントリー:watchOS 3:緊急SOSの使い方(練習必須)


PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する