Appleが、2030年までに事業全体、製造サプライチェーン、製品のライフサイクル全体でカーボンニュートラルになる計画を発表しています。

Appleは現在、グローバルな企業活動においてすでにカーボンニュートラルを実現していますが、今回の新たな取り組みは、2030年までに販売されるすべてのAppleデバイスが気候変動への影響をゼロにすることを意味しているそうです。


Tim Cook CEOは「企業には、私たちが共有する地球への共通の関心から生まれた、より持続可能な未来の構築を支援する大きなチャンスがある。」と述べています。また「私たちの環境保護の旅を支えるイノベーションは、地球にとって良いだけでなく、製品のエネルギー効率を高め、世界中でクリーンなエネルギー源をオンラインで利用できるようにしてくれています。気候変動対策は、革新的な可能性、雇用の創出、持続的な経済成長の新時代の基盤となり得ます。カーボンニュートラルへの取り組みにより、私たちは、より大きな変化を生み出す池の中のさざ波になることを願っています」と語っています。


Appleは、産業界が気候変動への影響を軽減しようとしている中で、他の企業のためのロードマップとともに、カーボンニュートラルへのアプローチについて詳細に説明しています。

本日「2020年環境進捗報告書」を発表し、Appleは2030年までに排出量を75パーセント削減する一方で、残りの25パーセントの包括的なフットプリントについては革新的な炭素除去ソリューションを開発するという計画を詳細に説明しています。



PR

Category

Calendar

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー
Amazonのアソシエイトとして、MACお宝鑑定団は適格販売により収入を得ています。

Link

RSSを取得する