ソフトウェア

iPhoneのパックアップパスワードを忘れた時に対処できるPassFabのiPhone/iPad用バックアップパスワード解析ソフトウェア「PassFab iPhone Backup Unlocker」を試す

PassFab iPhone Backup Unlocker

PassFab iPhone Backup Unlocker

PassFabが販売するiPhone/iPad用バックアップパスワード解析ソフトウェア「PassFab iPhone Backup Unlocker」を試してみました。

iPhone/iPad用バックアップのパスワード問題を解決することができます。


バックアップ

バックアップ

macOS Catalina 以降を搭載した Mac では、Finder を開き、macOS Mojave 以前を搭載した Macでは、iTunes を開き、バックアップからデバイスを復元することが可能ですが、ローカルのバックアップを暗号化している場合、復元時にパスワードを入力する必要があります。


バックアップからの復元

バックアップからの復元

バックアップからの復元を行う場合、暗号化したバックアップのパスワードを思い出せないと、暗号化したバックアップは使えなくなり、パスワードをリセットして、デバイスのバックアップを新たに作成するしか方法はありません。

そうした場合、iPhoneのリセット、macOSのキーチェーンアクセスから探す、PassFab iPhone Backup Unlockerの「バックアップの暗号化を解除」を使用します。


iPhoneのリセット

iPhoneのリセット

暗号化したバックアップは、バックアップパスワードがなければ利用できません。

iOS11以降またはiPadOSでは端末上の設定をリセットすることで、工場出荷時の設定に戻すことが可能です。

設定ー>一般ー>転送または [デバイス] をリセットの順にタップし「全ての設定をリセット」をタップします。

入力画面が表示されたらパスコードと Apple ID のパスワードを入力します。


キーチェーンアクセス

キーチェーンアクセス

Macを使用していて、Finder でバックアップを暗号化するときに「このパスワードをキーチェーンに保存」をオンにした場合、バックアップの暗号化パスワードはMacのキーチェーンアクセスに保存されている可能性があります。

その場合、Macに付属のキーチェーンアクセスアプリを使用し、設定したパスワードを確認することができます。

右上の検索ボックスに「Backup」と入力して、検索します。


キーチェーンアクセス

キーチェーンアクセス

検索結果の一覧から「iPhone Backup」または「iOS Backup」を探して、ダブルクリックします。

管理者パスワードの入力が求められます。このパスワードはMacの登録パスワードです。

「パスワードを表示」にチェックをつけると、iPhoneバックアップのパスワードが表示されます。


PassFab iPhone Backup Unlocker

PassFab iPhone Backup Unlocker

上記のどれでも解決できず困った場合、iPhone/iPad用バックアップパスワード解析ソフトウェア「PassFab iPhone Backup Unlocker」というFinderバックアップパスワードを解析できるソフトをおすすめします。

専門的なiTunesバックアップ暗号解読ツールとして、高度な計算方法を実行することによって、効率的なiPhoneバックアップパスワード解析作業を行うことが可能です。


PassFab iPhone Backup Unlocker

PassFab iPhone Backup Unlocker

バックアップの暗号化を解析をクリックすると、Macに保存されているすべてのバックアップが自動的に検出され、一覧に表示されます。

その中から暗号化パスワードを解読したいバックアップを選択します。

もし表示されたリストに目的なバックアップファイルがない場合は、「ファイルを追加」ボタンをクリックして、手動で、他のバックアップファイルをインポートできます。


PassFab iPhone Backup Unlocker

PassFab iPhone Backup Unlocker

パスワード解析タイプ「辞書式」「類推式」「総当たり式」の3つがメインインターフェースに表示されます。

自分のケースに応じて、適切なタイプを選択してから、パスワード解析作業を実行します。


PassFab iPhone Backup Unlocker

PassFab iPhone Backup Unlocker

解析タイプのうち「類推式」は、設定で、パスワードの長さ指定、文字列の指定、接頭辞、接尾辞指定などが設定できます。

入力したパスワードの文字数や使用した文字種別などが分かっている場合、ここで設定することで解析時間を短くすることが可能です。


PassFab iPhone Backup Unlocker

PassFab iPhone Backup Unlocker

開始ボタンをクリックするとパスワードの解析が開始されます。

パスワードの長さや文字種によって解析時間がかかり、1日以上かかる場合もあります。

解析が完了すると、暗号化に使用したパスワードが表示されます。


 



 


バックアップの暗号化を解除

バックアップの暗号化を解除

バックアップの暗号化を解除は、設定したバックアップの暗号化を簡単に解除することができます。

選択し、暗号化されたiOS デバイスをMacに接続して、「開始」をクリックします。

初回時は、システム環境設定の設定と、iPhoneを探すをオフにする必要があります。


macOS:セキュリティとプライバシー

macOS:セキュリティとプライバシー

macOSのシステム環境設定>セキュリティとプライバシーにあるプライバシータブで、PassFab iPhone Backup Unlockerのアクセスを許可する設定を行います。

このアクセス許可設定は、PassFab iPhone Backup Unlockerを使用する場合時のみ許可を与え、通常はアクセス不可にしておいても構いません。


iPhoneを探す

iPhoneを探す

次に、iPhone側で、設定 App を開き、自分の名前をタップし「探す」をタップします。

「iPhoneを探す」をタップし、「iPhoneを探す」をオフにします。

オフにするために、Apple IDのパスワードが必要です。


バックアップの暗号化を解除

バックアップの暗号化を解除

暗号化されたiPhoneをMacに接続した状態にし、PassFab iPhone Backup Unlockerを起動し「バックアップの暗号化を解除」をクリックします。

次に「開始」をクリックし、iPhoneバックアップ暗号化の解除を実行します。


バックアップの暗号化を解除

バックアップの暗号化を解除

パスワードの長さによって、少し時間がかかる場合があります。

しばらくして「バックアップの暗号化が正常に解除しました。」の表示がされたら「完了」をクリックします。

iPhoneはリセットされ、パスワードを忘れた暗号化されたバックアップを使用しての復元が開始されます。


 



 


スクリーンパスコード解除

スクリーンパスコード解除

スクリーンパスコード解除は、データを消去せずにスクリーンタイムのパスコードを削除してロックを解除することができます。

初回時は、iPhoneを探すをオフにする必要があります。


iPhoneを探す

iPhoneを探す

iPhone側で、設定 App を開き、自分の名前をタップし「探す」をタップします。

「iPhoneを探す」をタップし、「iPhoneを探す」をオフにします。

オフにするために、Apple IDのパスワードが必要です。


スクリーンパスコード解除

スクリーンパスコード解除

スクリーンパスコードが設定されたiPhoneをMacに接続した状態にし、PassFab iPhone Backup Unlockerを起動し「スクリーンパスコード解除」をクリックします。

次に「開始」をクリックし、スクリーンパスコードの解除を実行します。


スクリーンパスコード解除

スクリーンパスコード解除

スクリーンパスコードが正常に削除されたら、画面の指示に従ってデバイスを設定してます。

なお、スクリーンパスコードの再設定を行う場合、Appとデータの設定画面で「新しいiPhoneとして設定」を選び、スクリーンタイムの設定画面で「"設定"後で設定」を選びスキップします。


 



 


iPhone内のデータは電話番号などのプライベートにかかわる情報も多く、パスワードによってセキュリティ対策をすることは重要ですが「パスワードを忘れてしまって復元できない!」など困った場合、PassFab iPhone Backup Unlockerは有効な手段だと思います。

PassFab iPhone Backup Unlockerは、無料ダウンロードから無料体験版をダウンロードして試すことが可能です。


関連情報:iPhoneバックアップパスワードを忘れた時の有効な復元する方法


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事