ソフトウェア

アドビ、個人向け写真編集ソフト「Adobe Photoshop Elements 2022」を販売開始

Adobe Photoshop Elements 2022

Adobe Photoshop Elements 2022

アドビが、個人向け写真編集ソフト「Adobe Photoshop Elements 2022」を販売開始しています。

面倒な編集作業を自動化。魅力的な写真。自分だけのオリジナル作品を簡単に行えます。

また、大切なの思い出を永遠の記念品として残すことができます。

macOS Catalina 10.15以降に対応しています。


Adobe Elements Organizer 2022

Adobe Elements Organizer 2022

Adobe Elements Organizer 2022は、新規スライドショーのテンプレートとして動きのある新しいスライドショーテンプレートが追加されています。

GIF 再生がサポートされるようになり、クリックするだけで GIF を表示できます。


アーティスティック

アーティスティック

Adobe SenseiのAI技術を活用し、フィルターのアーティスティックを選択することで、有名な芸術作品や人気のアートスタイルにインスパイアされた効果により、ワンクリックで写真が作品に仕上がります。

効果を写真の一部または全部に適用し、結果を簡単に調整することも可能です。


ワープ

ワープ

画像(一般にテキスト)を様々な形状に合わせて変形させることが可能です。

例えば、1 行のテキストを円弧や波形の形状にワープさせることができます。


メッセージ入りグラフィックスを追加

メッセージ入りグラフィックスを追加

絶景写真を作成または被写体を再配置して、SNS映えする写真に仕上げることができます。

写真の背景を拡張する機能を使えばあっという間に処理できる「コンテンツに応じた塗り」の魔法のような効果を試してみましょう。


理想的な風景写真

理想的な風景写真

ガイドから「完璧なペット写真」を選択することで、わずかなステップで、写真をフレームの中央に収め、色や照明を調整し、毛先を仕上げ、赤目を補正、首輪やリードを外すこともできます。


モダンなダブルトーンを作成

モダンなダブルトーンを作成

画質調整/動くオーバーレイを使用することで、動くオーバーレイを追加して、静止画像を生き生きとさせます。

1 回クリックするだけで、雪の結晶や輝きなどのアニメーションオーバーレイを追加して、楽しいアニメーションフレームを作成できます。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事