ソフトウェア

Adobe、HEIFファイルやポートレイト写真に対応した「Adobe Photoshop CC 19.0」をリリース

Adobe Photoshop CC 19.0

Adobe Photoshop CC 19.0

Adobeが、iOS 11、macOS High Sierraの画像フォーマット「HEIF」に対応した写真編集アプリ「Adobe Photoshop CC 19.0」をリリースしています。

新しいクラウドベースの写真サービス「Adobe Lightroom CC」へのアクセスにも対応しています。


Adobe Photoshop CC 19.0

Adobe Photoshop CC 19.0

HEIFファイルのサポートは、macOS High SierraのCore Imageを使用する仕組みのため、macOS Sierra以下のシステム、Windows環境ではファイル認識されません。

Adobe Bridge CCも同様の仕様となります。


深度マップ

深度マップ

iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone Xに搭載されているデュアルカメラを使用した「ポートレートモード」写真の「被写界深度」情報を、チャンネル「深度マップ」として認識出来るようになっています。

iOSアプリやmacOSアプリの一部でもサポートされていますが、チャンネルとして認識するため、深度情報を活用しやすく、また、深度情報を消して編集することが可能です。


バリアブルフォント

バリアブルフォント

Apple、Adobe、Microsoft、Googleが共同で開発を進めてきた「バリアブルフォント」がサポートされています。

サポートされた各フォント内で、幅、高さ、傾きなどのバリエーションを定義できます。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事