ソフトウェア

アドビシステムズ、Adobe Creative Cloudメンバー専用機能として「Adobe Illustrator CS6のアップデート」の提供を開始

Adobe Creative Cloud

Adobe Creative Cloud

アドビシステムズが、Adobe Creative Cloudメンバー専用機能として「Adobe Illustrator CS6のアップデート」の提供を開始したと発表しています。

今回リリースされたAdobe Illustrator CS6の新機能は以下のとおりです。


・パッケージ機能 - リンクされている画像やファイル内で使用されたフォント(Adobeのフォントを除く、日本語フォントは収集されません)を含め、Illustratorプロジェクトに使用したファイルをすべて自動的に集約してひとつのフォルダにまとめます。これは、プロジェクトの引き渡しや共有の効率を高めると共にミスを解消する機能であり、長年にわたって要望が寄せられてきました。


・埋め込みを解除 - 他のデザイナーや顧客によってIllustratorファイルに埋め込まれた画像を簡単に埋め込み解除し、日々の作業においてデザイナーが無駄な作業に時間を費やすことをなくします。


・リンクパネルの強化 - Illustratorファイルに配置されたアートワークの詳細情報をリンクパネルから直接確認でき、従来よりもはるかに迅速に行えるようになりました。配置されている画像が出力のための要件を満たしていることを確認するには、何度もクリックをする必要がありましたが、今回の機能強化により、必要な情報が直ちに表示されるようになりました。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事