NEWS

アドビシステムズ、Adobe Creative Cloud契約継続期間中にCS6以降のアプリケーションが利用可能になると発表

Adobe Creative Cloud

Adobe Creative Cloud

アドビシステムズが、page2013において、Adobe Creative Cloud契約継続期間中に古いバージョンを使用し続ける期間を1年から最大5年に引き上げる計画を明らかにしていましたが、それに関して、Creative Cloud Blog by Sho Nishiyamaの「Creative Cloudは”CS6以降のアプリケーションがいつでも全て使えるサービス”となります。」と説明しています。

いつCreative Cloudに加入しても、CS6を最も古いバージョンとして、どのバージョンにも、いつでもさかのぼって利用できるようになるそうです。

また、過去バージョンの利用期間/保存期間については、現時点で特に期限を設けていないことから、最大5年程度という制限も、現時点では設定されていないようです。


関連エントリー:page2013:アドビシステムズ、Adobe Creative Cloud契約継続期間中に古いバージョンを使用し続ける期間を1年から最大5年に引き上げる計画を明らかに



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事