Apple

Apple、Mac Software Engineering担当シニアヴァイスプレジデントCraig Federighi氏、Hardware Engineering担当シニアヴァイスプレジテントDan Riccio氏として昇進

Dan Riccio/Craig Federighi

Dan Riccio/Craig Federighi

Appleが、Mac Software Engineering担当シニアヴァイスプレジデントとしてCraig Federighi氏を、Hardware Engineering担当シニアヴァイスプレジテントとしてDan Riccio氏を昇進させたと発表しています。

当初引退すると発表されていた、ハードウェアエンジニアリング担当シニアヴァイスプレジデントBob Mansfield氏は、そのままAppleに残る事になり、将来の製品に取り組むことになったそうです。

Craig Federighi氏は、2011年3月にソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長Bertrand Serlet氏が退職した後を引き継いでいて、Dan Riccio氏はBob Mansfield氏引退後を引き続くことが発表されていたので、どちらも予定通りの昇進となります。


関連エントリー
Apple、ソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長Bertrand Serlet氏が退職、後任は同部門副社長Craig Federighi氏
Apple、ハードウェアエンジニアリング担当シニアヴァイスプレジデントBob Mansfield氏が引退


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事