Safari

Apple公式サイトの「Retinaモード」をMac OS XのSafariでアクティブにする方法

AppleInsiderのレポートにあるように、Appleは既にApple.comに「Retina」用の画像を用意しています。

これらの画像を使う「Retinaモード」をMac OS X用のSafariでアクティブにする方法を発見しました。

http://apple.comで右クリック>「要素の詳細を表示」し、コンソールで以下のJavascriptを入力してください。


> AC.ImageReplacer._devicePixelRatio = 2
> new AC.ImageReplacer()

見かけは変わっていませんが、これでSafariが表示しているApple.comはRetinaモードになっています。


ズームインを行うとその差は一目瞭然。

16日からは普通になってしまう次世代Web体験を一足先にお楽しみください。


As AppleInsider reported, Apple already prepares "Retina" images for its web.

Macotacara found a mantra for activating "Retina mode" on your Safari for OS X.

Open "Inspect Element" with right-clicking on http://apple.com/ , and type on Console pane as following.

> AC.ImageReplacer._devicePixelRatio = 2
> new AC.ImageReplacer()

However, your looking Apple.com seems not to be changed, all images are replaced to which is show on new iPad.

"Menu > View > Zoom in" shows you the next generation of Web experience.


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事