Safari

YouTubeの動画再生プレイヤーをFlash形式からHTML5形式に変えるSafari用機能拡張「FlashToHTML5 Safari Extension」を試す

FlashToHTML5 Safari Extension

FlashToHTML5 Safari Extension

Joris Vervuurtが、Safari用機能拡張として、YouTubeの動画再生プレイヤーをFlash形式からHTML5形式に変える「FlashToHTML5 Safari Extension」を配布していたので試してみました。


OS X LionはSafari向けのAdobe Flash Payerプラグインが同梱されていないため、YouTubeにアクセスするとプラグインが無いので動画が見れません。

YouTubeは「YouTube HTML5 動画プレーヤー」という試用版を提供していて、Adobe Flash Payer無しでも見る事は出来ます。

FlashToHTML5 Safari Extensionは、このYouTube側の設定を変更することなく、HTML5プレイヤー再生を可能にしてくれます。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事