Rumor

Bloomberg:Apple、タッチディスプレイ搭載Macを開発中?

Bloomberg

Bloomberg

Bloombergが、Appleは、過去10年間、Macにタッチスクリーンを搭載することを否定してきただけでなく、あえてこの機能を提供する競合他社をあざ笑ってきたが、その方針は変わり、現在、2025年に向けてタッチスクリーンを搭載した新しいMacBook Proの開発に着手していて、計画通りに進めば、その後、他のMacにもタッチ機能を追加することになりそうだと伝えています。


Microsoft、Google、Asus、Acer、HP、Dellなど、大手コンピュータメーカーから発売されているMac以外のノートパソコンのほぼすべてに、すでにタッチスクリーンが装備されており、多くのノートパソコン購入者にとって、タッチスクリーンは必須の機能となっています。

Macのシェアが伸びている今、タッチスクリーンを追加することは、Appleの勢いを維持するのに役立つと考えられ、同社は、Macがタッチパネルに移行した場合、iPadと共食いするのではないかと社内で懸念しているが、それはAppleの製品に取って代わるものでなければならないというジョブズ時代の倫理観を否定する物でもあります。

近年、MacがiPadに遅れをとっているため、Appleにとって、より性能の高いコンピュータのラインナップをできるだけ魅力的にすることが重要で、また、長期的には、タッチスクリーンを搭載することは、次世代の消費者を取り込むために重要です。

2010年以降に生まれた人々は、iPhone、iPad、Amazonタブレット、そして冷蔵庫に至るまで、タッチファーストのデバイスで育っていて、彼らは、あらゆるものをタップしたり、ピンチ操作でズームしたりすることを望んでいます。

若い人たちにとってタッチ操作はごく当たり前のものとなっており、トラックパッドとマウスを使った操作は最終的に後回しにされる可能性があります。Appleは、そのような消費者に対応するデバイスを準備する必要があると指摘しています。


AppleはBroadcomとQualcommをやめ、自社製のワイヤレスチップを採用する計画だとも伝えています。

Appleのデバイス内部のコンポーネントを交換する動きは、今後数年でエスカレートし、Apple は、スクリーン以外にも、セルラー モデムとカスタム Wi-Fi および Bluetooth モジュールという 2 つの新しいコンポーネントの開発に取り組んでいて、これらのチップにより、AppleはQualcomm Inc.とBroadcom Inc.への依存を減らすことができると考えられるそうです。

このシフトは、Appleのワイヤレス技術の進歩が、Samsungなどのライバルの部品も製造しているサプライヤーではなく、Appleのハードウェアチームのスピードとイノベーションに依存するようになることを意味します。また、Appleは中核となる基礎技術を所有すべきであるというスティーブ・ジョブズ氏の信条にも合致しているとしています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事