Rumor

Bloomberg:Apple、iPadOS 16により、iPadをノートPCにより近く

Bloomberg

Bloomberg

Bloombergが、AppleはWWDC22において、iPad向けOS「iPadOS 16」の大幅なアップデートを発表するとみられると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにしたと伝えています。

iPadをスマートフォンよりもノートパソコンに近づける取り組みの一環と考えられるそうです。

iPadOS 16は、どのアプリが開いているかを確認し、タスクを切り替えることが容易になるように、マルチタスク・インターフェースを再設計する予定であると、変更点がまだ公開されていないため特定しないことを求めた関係者が話したそうです。

また、アプリのウィンドウサイズを変更できるようになり、ユーザーが複数のアプリを一度に処理する新しい方法が提供される予定だそうです。

現在、iPadのユーザーは、iPhoneのようにフルスクリーン表示でアプリを実行するか、2つのアプリを並べて実行するかのどちらかを選択できます。

また、3つ目のアプリケーションを横からスライドさせて、縮小版を追加することも可能です。

今回の変更は、そのインターフェイスをさらに拡張するものになるようです。


iOS 16については、ウィジェットを特徴とする新しいロック画面など、いくつかの変更を計画していて、また、ヘルスケアアプリを刷新し、メッセージに新しいオーディオとソーシャルネットワーキング機能を追加する予定だそうです。

macOSのアプリのデザインも一新され、Macの設定を管理するアプリである「システム環境設定」の刷新が予定されているそうです。

Apple Watchについては、フィットネストラッキング機能の注目すべきアップデートを含む、ウォッチフェイス、システムナビゲーション、デバイスのいくつかのアプリの変更が計画されていて、また、バッテリー残量が少なくなってきたときに、ユーザーがデバイスを操作できるようにする新しい低電力モードも計画されているそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事