Rumor

Bloomberg:Apple、iPadOS 16アップデートの提供開始を約1ヶ月遅らせる予定

Bloomberg

Bloomberg

Bloombergが、ここ数年、AppleはiPhone用のiOSと、iPad用のiPadOSのソフトウェアメジャーアップデートを9月の同時期にリリースしてきが、今回、AppleはiOS 16を通常の期間に提供する予定だが、iPadOS 16に関しては、10月まで提供しない計画だと、審議が非公開であるため特定を避けた関係者は述べたと伝えています。

遅れる理由に関して、少なくとも一部、iPadのマルチタスク機能のオーバーホールを目的とした野心的な取り組みのためだと話していることから、ウインドウのサイズを好きなように変えられます。iPadでは初めて、重なり合う複数のウインドウを一目で確認することもできる「ステージマネージャ」機能の完成度を上げるのが目的だと予想しているそうです。

iOS 16とwatchOS 9は9月に提供が開始され、iPadOS 16はmacOS Venturaと同じ10月の提供開始になるようです。

この変更により、iPadOS 16のリリースは、M2チップを搭載したアップデート版のiPad Proと、USB-Cポートを搭載したより高速なエントリーレベルのiPadを計画していて、新しいiPadのハードウェアの発売と近くなるかもしれないと考えているそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事