Rumor

DigiTimes:Largan Precision、次期iPhone 13用VCM アクチュエータを受注?

DigiTimes

DigiTimes

DigiTimesが、スマートフォン用レンズモジュールメーカーのLargan Precisionは、2021年に発表されるiPhone用ボイスコイルモータのサプライヤーとなり、2021年後半から出荷を開始すると業界筋が話したと伝えています。

Larganは、iPhoneのカメラ用レンズモジュールの主要サプライヤーですが、Appleデバイス用のボイスコイルモータを供給するのは初めてだそうです。

LarganのLin En-ping CEOによると、同社はボイスコイルモータを単独で、またはレンズモジュールをバンドルしたVCM アクチュエータのいずれかを供給することができると語っているそうです。

iPhone 12シリーズでは、日本に拠点を置くアルプスアルパインミネベアミツミがVCM アクチュエータの主な供給元だそうです。

Larganは、2021年1月のレンズモジュールの出荷が順次減少し、旧正月休暇中の営業日が少ないため、2021年2月にはさらに減少すると予想している、とLin En-ping CEOは語ったそうです。

Lin En-ping CEOは、7枚構成のレンズが、2021年に採用される全デザインインレンズモジュールの中で最大の割合を占めると話し、Larganは2020年に8枚構成のレンズの出荷を開始し、半年以上前から9枚構成のレンズの開発を進めているが、顧客は9枚構成のレンズデザインにまだ満足していないとLin En-ping CEOは語ったそうです。

Larganはハイエンドスマートフォンで使用されるレンズモジュールに注力しているが、価格と粗利が妥当であれば、ミッドレンジやエントリーレベルのスマートフォンで使用されるモデルの受注も受け付けるとLin En-ping CEOは語ったそうです。

Larganはまた、VRやARデバイス用のレンズモジュールを開発するためにクライアントと協力してきたが、スペックが高くないため、VR/AR用のレンズモジュールは同社のビジネスの多くを占めることはないだろうとLin En-ping CEOは語ったそうです。

Larganは3つの新工場を建設中で、そのうちの1つは2023年に完成する予定だとLin En-ping CEOは説明したそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事