Rumor

経済日報:Apple、2021年9月にApple Carを発表?

經濟日報

經濟日報

経済日報が、Appleの主要サプライチェーンの情報筋の話しとして、Appleが当初の予定よりも少なくとも2年前倒しして、2021年9月に「Apple Car」を発売する見込みであることを確認しており、その試作車はすでにカリフォルニア州で路上テストが行われていると伝えています。

Hutchinsonの新工場である嘉義市泰浦梅公園では、AIインテリジェント生産ラインの展開を加速させており、来年の第2四半期には新たに6つの生産ラインを稼働させることができるという。

Hutchinsonは台湾海峡の両側でも積極的に生産を拡大しており、台湾の全新工場の移転・量産化は年内に完了する見込みで、嘉興・新工場の第5工場増設移転は来年の第2四半期に完了する予定だそうです。


富浦の通鹿工場の第2期は来年にも生産を開始する予定で、第1期と第2期の電気自動車用パワーモーター部品の生産能力は年間40万セットから100万セットに、パワーインテグレーションシステムの生産能力は40万セット以上に拡大するとしています。

業界では、EVリーダーのテスラに加え、最近では国内のEVサプライチェーンで「ダブルA」という新たな熱狂的な言葉が登場し、台湾メーカーへの発注を積極的に行っていると指摘している。

サプライチェーン各社は守秘義務契約を結んでおり、詳細の開示には消極的だが、関係者によると、「Double A」はAppleとAmazonの両方を指し、「ビッグAとリトルA」の愛称で呼ばれているという。

Appleはこれまで電気自動車の進捗状況について非常に秘密主義的で、Apple Carは少なくとも2023年までは発売されないと予想されていたが、台湾の大手サプライチェーン企業のディレクターは、顧客が来年9月にApple Carを発売する予定であることを明言しているそうです。

電気自動車サプライチェーンの幹部が明らかにしたところによると、注文の出荷と組み立てが完了したことで、数十台のApple Carのプロトタイプがカリフォルニア州の道路で密かにテストされており、来年には発売される見込みで、2022年にはビジネスチャンスが完全に爆発するとのことです。

また、電気自動車スタートアップのRivianは昨年、アマゾンから10万台の電気トラックを受注しており、両社はカスタマイズされた純電気ピックアップの開発を緊密に進めており、関連部品は台湾のサプライチェーンに頼っています。

テスラの増産や「Double A USA」などの新規顧客の追加に伴い、He Da、Trade Union、He Qin、Futianなどの国内主要EVサプライチェーンは、いずれも "破裂寸前 "で、積極的に工場や生産を拡大していると考えられるそうです。

また、SSEグループも電気自動車の開発を加速させており、現在、欧州や中国の大手電気自動車部品メーカーと、電気自動車のステアリングやブレーキシステムを中心に、早ければ来年末までに出荷するスマートボールねじのカスタマイズについて交渉を進めていることも特筆すべき点だとしています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事