Rumor

Bloomberg:Apple、WWDC20にて自社設計Mac用チップへの移行を発表する予定

Bloomberg

Bloomberg

Bloombergが、Appleは、インテル製半導体に代わり独自のメインプロセッサーを搭載することを計画しており、この切り替えをWWDC20において発表する予定だと伝えています。

関係者によると、コードネーム「Kalamata」と呼ばれる取り組みを同イベントで発表することで、新型Macが2021年に発売される前に外部の開発者に対応する時間を与える方針のようです。

チップの移行はまだ数カ月先であるため、発表のタイミングは変わる可能性があると関係者は話しているそうです。


関連エントリー
Bloomberg:Apple、2021年に独自チップを搭載したMacの販売を目指す?
TFIのアナリストMing-Chi Kuo氏、2021年前半までにARMプロセッサを搭載した最初のMacが発表されると予測
Bloomberg:Apple、MacのプロセッサをIntel製から自社製に切り替えを検討中?
SemiAccurate:Apple、AMDのLlanoプロセッサを採用したMacBook Airを開発していたが発売しなかった?
A5搭載のMacBook Airモデルがテストされている?


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事