Rumor

WSJ:Apple、2019年に電気自動車の出荷を目指す方針

WSJ

WSJ

WSJが、Appleが取り組んでいる電気自動車プロジェクト「Titan」に関して、2019年の出荷を目指し、開発速度をアップさせているようだと伝えています。

Appleは、カルフォルニア州の政府関係者と会合を含め、Apple製自動車の実現の可能性を1年以上調査した結果、開発にゴーサインが出たそうで、プロジェクトリーダーは、現在の600人体勢から3倍にまで規模を大きくできる権限が与えられたそうです。

Appleが開発中の電気自動車の初期モデルは、自動運転機能を搭載する予定はないそうです。

電気自動車の開発には、どこに製造してもらうかも大きな問題となっているようで、開発リーダーは、元iOSデバイス担当シニアディレクターで、Appleのプログラムマネージメント部門担当バイズプレジデントDJ Novotney氏だそうです。


関連エントリー
The Guardian:Apple、カリフォルニアの自律走行車のテストベッド「GoMentum Station」を視察しようとしていた?
Bloomberg:Apple、電気自動車について、2020年にも製造開始を目指す?
WSJ:Apple、電気自動車開発プロジェクト「Titan」を推進


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事