Rumor

工商時報:聯昌証券アナリスト、AppleはiWatchを199ドルで2014年下半期に発売するとの見方を示す

工商時報が、聯昌証券のアジアパシフィックハードウェア製造業チーフアナリストの王萬里氏は、AppleはiWatchを199ドルで2014年下半期に発売し、2014年で6340万台を製造するとの見方を示したと伝えています。

普及率は最初の年は22.3%に達すると予想され、台湾インベンテックが約60%の製造受注を獲得すると推定されるそうです。


CIMB Securities Limited analyst and Apple show the perception of putting iWatch on the market for 199 dollars at the latter half of 2014.

Mr. Wang Wanli of the Asia-Pacific hardware manufacturing industry chief analyst of CIMB Securities Limited tells by Commercial Times and is telling that the perception of Apple's putting iWatch on the market for 199 dollars at the latter half of 2014, and being manufacture 63.4 million in 2014 was shown.

The diffusion rate is assumed to be expected that the first age reaches 22.3%, and to be presumed that Taiwan Inventec wins the manufacturing receipt of orders of about 60%.



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事