Rumor

WSJ:Scott Forstall氏が辞職したのは、マップ問題の謝罪文に署名することを拒んだことが原因?

WSJ

WSJ

WSJが、Appleの組織変更に関して、この問題に詳しい人物の話しとして、Appleはマップ問題に関して、Tim Cook CEOの署名入りで謝罪文を公開したが、これには Scott Forstall氏も署名することを求められていたが、彼はそれを拒否し、ボードメンバーから退職を迫られたと伝えています。

Scott Forstall氏は、Steve Jobs氏によって行われたiPhone 4Sのアンテナ問題のように、不満を持つユーザーに対して謝罪することなく説明責任を果たせば、この危機は回避出来ると主張していたそうですが、Tim Cook CEO初め他の役員は同意しなかったようで、結局、Tim Cook CEOが署名することで謝罪文が公開されることになったようです。

Steve Jobs氏と緊密な関係にあったScott Forstall氏は、iOS 6のリリースを急ぐあまり、マップの不正確なデータや多くのバグによって評価を落とすことになり、後ろ盾を失ったScott Forstall氏は辞任に追い込まれたのかもしれないと予想しています。

John Browett氏は、Appleの風土に合わず、従業員の勤務時間短縮とリストラ策によって不満が上がるようになり信頼を失った可能性があり、アリゾナで開催される予定だったApple Retail Storeリーダーチームを集めた会議が中止された時点で、辞職するのではないかという噂が出ていたようです。

Scott Forstall氏は来年4月に退職予定で、Tim Cook CEOの顧問として暫定的に留まりますが、iOS ソフトウェア担当の役職は直ちに解かれています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事