Rumor

日本経済新聞:ソフトバンク、米Sprintだけでなく米MetroPCS Wirelessを買収し、世界第3位を狙う?

日本経済新聞が、ソフトバンクは、米国携帯電話3位のSprintを1.5兆円で買収するのに加えて、Sprintを通じて、米国携帯電話5位のMetroPCS Wirelessの買収も検討しているようだと伝えています。

年間約6兆円の売上高を目指し、世界1位のChina Mobile、世界2位のVerizon Wirelessに次ぐ、世界3位を狙うようです。

Deutsche Telekomは、傘下の米T-mobileUSAをMetroPCS Wirelessと統合させる計画で、Sprintは対抗買収案の提示を先送りし、綿密に検討する時間を稼ぐ方向だとBloombergが伝えていますが、その背景にはソフトバンクが加わるという施策があったのではないかと日経は予測しているようです。


関連エントリー
日本経済新聞:米Sprint、ソフトバンクとの買収協議を認める声明を発表
日本経済新聞:ソフトバンク、米国携帯電話3位のSprintを1.5兆円で買収する計画


新着記事