NEWS

Tim Cook CEO、スピードアップするAIイノベーションについて「発明者には、技術が正しく使用され、人間を助けるようにする責任がある。」と語る

苹果公司首席执行官蒂姆·库克 澎湃新闻记者 周頔 摄

苹果公司首席执行官蒂姆·库克 澎湃新闻记者 周頔 摄

The Paperが、2023年3月25日〜27日に北京の釣魚臺国賓館にて開催される「China Development Forum 2023」にTim Cook CEOが参加し「中国ではイノベーションが急速に成長しており、再び加速していくと思う。」と述べたと伝えています。

Tim Cook CEOは「現在、人工知能などにおける世界のイノベーションのペースは非常に速く、これらの技術は人類に大きな影響を与えるだろう。」と述べ「テクノロジーの発明者として、人々がこれらのテクノロジーを正しく使い、人類に貢献できるようにすることが重要である。 これは、技術の発明者にとっては非常に大きな責任だ。」と考えていると話したそうです。

Tim Cook CEOは「Appleは、若い人たちが、たとえプログラマーになりたくなくても、ある程度のプログラミングスキルが必要であり、プログラミングが開く可能性を知らなければならないことを学ぶことは、とても重要だ。」と考えているそうで、Appleは学校でのプログラミング教育の充実を推進しているとし「急速に革新する世界についていけるよう、生徒がプログラミングの基本的な能力を身につけること。 もし彼らがこの(プログラミングの)基本的な能力を持っていないなら、一部の子供たちがこの急速に革新する世界についていけなくなることを懸念します。」と述べたそうです。

Tim Cook CEOは「プログラミングスキルとクリティカルシンキングが非常に重要であることから、Appleは世界中の学校向けに使いやすく無料のプログラミング言語Swiftを開発し、世界中の学校がこの言語を使えるようになることを望んでいる。」と述べ「 現在、3,500万人の子どもたちが、この言語を使ってコーディングを学んでいる。」と説明したそうです。

教育をより身近なものにするためのグローバルな取り組みを続けているAppleは、中国全土の教師と学生の成長機会を創出するため、中国発展研究基金への寄付を1億人民元(約19.1億円)に増額することを発表しています。

今回の5,000万人民元(約9億6,000万円)の追加寄付は、3年間の「Smart Gardener」プログラムの資金となり、中国の未開発地域におけるデジタル教育と学習に焦点を当て、12万人以上の教師と200万人以上の生徒に影響を与えると予想されます。

Tim Cook CEOは「教育はAppleのDNAであり、すべての生徒が最高のツールとリソースを利用し、学び、創造し、彼らが住むコミュニティに貢献できると信じています。」と述べ「中国の教育への支援を深め、農村部の若い学習者に機会を創出できることを誇りに思います。」と述べています。

この新しい基金は、小学校と中学校の教師に焦点を当て、幼稚園と職業教師の支援も行う予定だそうで、その目的は、デジタル技術を教室での授業にうまく取り入れることだそうです。

Tim Cook CEOは「気候変動との戦いには、政府、企業、そしてすべての人の努力が必要だ。」と述べ、2015年以降、Appleは二酸化炭素排出量を約50%削減し、Appleが現在、完全に再生可能エネルギーで運営されていると説明したそうです。

Appleは、すべてのサプライヤーと協力し、再生可能エネルギー事業に向けて後押しを行っていて、Appleは、2030年までに50社以上のサプライヤーが完全な再生可能エネルギー運用を実現するための基金も設立しています。 さらに、Appleは古いデバイスを再利用するためのリサイクルや解体も推進しています。

この中国訪問に合わせ、WeiboのTimCookアカウントにて、Apple 三里屯店を訪問したことが投稿されています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事