NEWS

Apple、macOS Ventura 13.1、iOS 16.2で画像生成AI「Stable Diffusion」へのCore ML最適化を実施

stabilityai/stable-diffusion-2-base

stabilityai/stable-diffusion-2-base

Appleが、macOS Ventura 13.1、iOS 16.2、iPadOS 16.2以降で、画像生成AI「Stable Diffusion」へのCore ML最適化を実施したと発表しています。

2022年8月に公開されたディープラーニング(深層学習)のtext-to-imageモデルである「Stable Diffusion」は、アーティスト、開発者、ホビイストの活気あるコミュニティで採用され、わずかなテキストプロンプトで前例のない視覚コンテンツの制作を可能にしました。これを受けて、コミュニティは数週間のうちに、このコアテクノロジーの周辺に拡張機能やツールの広大なエコシステムを構築しています。

Stable Diffusionの重要な問題の1つは、モデルがどこで実行されているかということで、サーバーベースのアプローチよりも、デバイス上でStable Diffusionをアプリに展開する方が望ましいと説明しています。

GitHubで公開された「Core ML Stable Diffusion」では、Hugging Faceにある「火星で馬に乗っている宇宙飛行士の写真」を使用し、完成するまでの時間ベンチマーク結果が公開されています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事