NEWS

Apple、ハードウェア、ソフトウェア、機械学習の力を組み合わせた革新的な将来のアクセシビリティ機能を発表

Apple アクセシビリティ

Apple アクセシビリティ

Appleが、今年後半に登場するソフトウェア機能として、障害を持つユーザー向け機能として、ナビゲーション、ヘルスケア、コミュニケーションなどの新しいツールを提供すると発表しています。

ハードウェア、ソフトウェア、機械学習の進歩により、目の不自由な方はiPhoneやiPadを使ってドア検出機能で目的地までの残り数メートルを移動することができるようになります。

身体や運動に障害のある方で、音声コントロールやスイッチコントロールなどの支援機能に依存している方は、Apple Watch ミラーリングを使ってiPhoneからApple Watchを完全にコントロールすることができるようになります。

聴覚障害のある方はiPhone、iPad、Macでライブキャプションに従えるようになります。

また、業界をリードするスクリーンリーダーであるVoiceOverのサポートを拡大し、20以上の新しい言語とロケールを追加するそうです。

これらの機能は、今年後半にAppleの各プラットフォームのソフトウェアアップデートで提供される予定だそうです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事