NEWS

iMore、Appleのユーザー・プライバシー担当マネージャーインタビューを公開

Appleのユーザー・プライバシー担当マネージャーErik Neuenschwander氏

Appleのユーザー・プライバシー担当マネージャーErik Neuenschwander氏

iMoreが、毎年1月28日に行われるデータの守秘と保護に関する意識の向上および議論の喚起のための国際的な取り組み「データプライバシーデー」に合わせ、Appleのユーザー・プライバシー担当マネージャーErik Neuenschwander氏へのインタビューを公開しています。

Erik Neuenschwander氏は「Appleはプライバシーが基本的人権であると考え、それを実現する唯一の方法は、私たちが作るものすべてにそれを設計することです。私たちは素晴らしい機能と素晴らしいプライバシーを求めており、私たちがそれを実現できることを長年にわたって何度も示してきたと思います。」と説明しています。

また、Appleがデータの最小化を用いて、そもそもユーザーに対して収集されるデータの量を減らし、アプリやサービスが機能するために必要なデータのみを使用し、それ以上のことはしないようにする方法についても触れ、データの収集を前もって避けることが「ユーザーに対してプライバシーを尊重する素晴らしい方法 」であると述べています。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事