NEWS

Apple、過去4年間で、Android端末はiPhoneに比べて15倍から47倍ものマルウェアに感染している

Building a Trusted Ecosystem for Millions of Apps.

Building a Trusted Ecosystem for Millions of Apps.

Appleが、プライバシーのページで、Appleの多層構造のセキュリティとApp Storeの保護機能により、ユーザーデータを管理し、マルウェアから身を守ることができることを紹介した「Building a Trusted Ecosystem for Millions of Apps.」(PDF)を公開しています。

iPhoneは、ユーザーが最も機密性の高い個人情報を保存する、非常にパーソナルなデバイスで、iOSのエコシステム上でセキュリティとプライバシーを維持することは、ユーザーにとって非常に重要なことなのです。

しかし、一部の人々は、AppleがApp Store以外の場所で、直接ダウンロードやサードパーティのアプリケーションストアを通じたアプリケーションの配布をサポートすることを求めています(このプロセスは「サイドロード」とも呼ばれます)。


直接ダウンロードやサードパーティのアプリケーションストアを通じたサイドロードをサポートすることは、iPhoneの安全性を高めてきたプライバシーおよびセキュリティの保護機能を破壊し、ユーザーを深刻なセキュリティリスクにさらすことになります。

欧州の規制機関は、1日あたり23万件の新しいモバイルマルウェアの感染を報告しています。

過去4年間で、Android端末はiPhoneに比べて15倍から47倍ものマルウェアに感染しています。

ある大手セキュリティ企業では、顧客のAndroidモバイル端末に対して、月に600万件近くの攻撃が検知されていました。

まれに、不正なアプリや悪意のあるアプリがApp Storeに登場することがあるが、Appleはそのアプリを発見した時点で削除し、今後の派生アプリをすべてブロックすることで、他のユーザーへの拡散を防いでいて、サードパーティ製アプリストアからのサイドロードがサポートされていれば、悪質なアプリは単にサードパーティ製ストアに移行し、消費者のデバイスに感染し続けることになります。

Appleは、すべてのアプリケーションがApp Storeで提供される前に、そのアプリケーションにマルウェアが含まれていないこと、およびユーザーに正確に説明されていることを確認し、有害であることが判明した場合にはApp Storeから速やかに削除し、将来の亜種の拡散を制限することで、エコシステムのセキュリティを保護しています。

直接ダウンロードまたはサードパーティのApp Storeを介したサイドローディングは、Appleのセキュリティおよびプライバシー保護を弱体化させるものであり、ユーザの利益にはならず、ユーザーのセキュリティとプライバシーを守ることにはなりません。

2007年10月にスティーブ・ジョブズ氏は、2008年2月にiPhone、iPod touch用ソフト開発キット提供すると発表した中で「私たちは同時に2つの正反対のことをしなければならない。先進的でオープンなプラットフォームを開発者に提供しつつ、iPhoneのユーザをウイルス、マルウェア、プライバシーの侵害などから守らなければならない。」と述べています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事