NEWS

WSJ:Craig Federighi氏、児童ポルノ検知ソフト批判に対してコメント

Apple’s Software Chief Explains ‘Misunderstood’ iPhone Child-Protection Features

Apple’s Software Chief Explains ‘Misunderstood’ iPhone Child-Protection Features

WSJが、Appleが発表した子どもたちへの保護の拡充機能「Expanded Protections for Children」に関して、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアヴァイスプレジデントCraig Federighi氏へのインタビューを公開しています。

児童ポルノ画像の検知・通報ソフトウエアに関して、公平な監視が可能との認識を示すとともに、2種類の新機能を紹介した先週の発表ではつまずきがあったと認めています。


1つ目の機能は児童の性的な画像について、アップルのクラウドストレージサービスに保存されている既存の画像と照合するもので、2つ目は、子どもがテキストメッセージでやり取りした画像を親が監視しやすくするもので、これらを同時に発表したことで「多くのメッセージがごちゃ混ぜになった」とし、「誰にとっても、もう少しわかりやすくなればよかった」と説明しています。

Federighi氏は、既知の児童ポルノ画像と一致する件数が特定の水準に達した場合にのみ、Appleはユーザーのアカウントについて一部を知ることになり、それも問題の画像に限定されると説明し「風呂に入っている子どもの写真を持っているどうかを分析するようなことではない。あるいは、他の種類のポルノ画像を持っているかどうかということもだ」と述べたそうです。

もう一つのiMessageを通じた画像の送受信で保護者が子どもを守ることを支援する機能は、性的な画像が含まれているとiPhone搭載ソフトが検知したメッセージは親に報告されるが、Appleには報告されない。

Federighi氏は、「振り返れば、2つの機能を同時に発表したことが、こうした混乱を招く要因になった」と指摘し、人々は「大きな不安に陥った」とした上で、メッセージのやり取りに関しては「何も起きない」と話したそうです。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事