NEWS

WWDC21:アクセシビリティで、グラフの全機能を提供できる「オーディオグラフ」を発表

グラフ

グラフ

WWDC21において、Appleが、視力が悪いユーザーや色覚障碍のあるユーザーのために、グラフの全機能を提供できる「オーディオグラフ」機能について説明したセッション「Bring accessibility to charts in your app」が公開されています。

毎日データを使用する中で、財務、健康、目標など、さまざまなことについて意思決定を行っています。しかし、データを活用するためには、それを理解する必要があります。


オーディオグラフ

オーディオグラフ

グラフは、詳細に深く入り込むことなく、データが何を示しているかをすばやく理解できるので便利ですが、視力が悪いユーザーや色覚障碍のあるユーザーがチャートに本質的にアクセスできるわけではなく、それを見ることができないならば、視覚的なチャートに価値はありません。

アクセシビリティチームは、視力が悪いユーザーや色覚障碍のあるユーザーがデータにアクセスしやすくするために、何年にもわたって懸命に取り組んできたそうです。


オーディオグラフ

オーディオグラフ

オーディオ グラフは、VoiceOver ユーザーがダブルタップして押したままグラフ上をドラッグして、自分のペースでデータを聞くことができるインタラクティブ モードを提供します。

一時停止すると、VoiceOverはオーディオグラフ内のユーザーの現在の位置に対応するデータ値を読み取ります。

グラフをコンテナにするには、ChartViewでaccessibilityContainerTypeをオーバーライドし、semanticGroupコンテナタイプを返すだけです。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事