NEWS

WWDC21:サードパーティも超広帯域無線を利用したアクセサリー開発が可能に

Nearby Interactions with U1

Nearby Interactions with U1

Appleが、WWDC21において、 iPhone、Apple Watchに搭載されているU1チップを利用する超広帯域無線アクセサリー開発が可能になると発表しています。

Nearby Interactionフレームワークを使用すると、アプリやハードウェアアクセサリに超広帯域無線を簡単に統合できます。

U1 チップを搭載した Apple デバイスの近くにいるだけで、アクセサリと対話するアプリを構築できます。

Apple承認のUWBソリューションを使用して、サポートされている Apple 製品で U1チップと対話するアクセサリ開発が可能になります。

MFi Programに参加し、互換性のあるチップセットメーカーとして、NXP SemiconductorsQorvoが紹介されています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事