NEWS

SFChronicle:Appleの自動運転開発部門に勤務する190名を一時解雇することが確認される

Google Street View

Google Street View

SFChronicleが、Appleによって、カリフォルニア州労働開発局に提出された書類により、Appleの自動運転開発部門に勤務する190名が一時解雇されることが明らかになったと伝えています。

サンタクララとサニーベールで勤務する38人のエンジニアリングプログラムマネージャ、33人のハードウェアエンジニア、31人の製品設計エンジニア、および22人のソフトウェアエンジニアを含むエンジニアが対象で、2019年4月16日に実施されると記されているそうです。


車両関連を扱う部局であるDepartment of Motor Vehiclesによる報告から、Appleは、2017年11月31日から2018年12月1日の間にカリフォルニア州で79,745マイル(128,337キロメートル)のテストを実施していたことが分ったそうです。

連続自動運転走行距離として、Alphabet傘下の自動運転車会社Waymoは11,017マイル(17,730キロメートル)、ゼネラル・モーターズ傘下の自動運転車会社Cruise Automationは5,204マイル(8,375キロメートル)なのに対して、Appleは1.1マイル(1.7キロメートル)とかなり短いことも分ったそうです。


関連エントリー:CNBC:Apple、自動運転車開発プロジェクトチームから200人以上を解雇


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事