NEWS

WSJ:Apple、iPhone 6にサファイアガラス採用のため7億ドルを投資

WSJ

WSJ

WSJが、Appleは、iPhone 6にサファイアガラスを採用するため、GT Advanced Technologiesのアリゾナ工場に7億ドルを投資し、生産能力を2倍に引き上げるようだと伝えています。

GT Advanced Technologiesは、iPhone 5sのTouch ID用とiSightカメラ用のサファイアガラスを供給しており、今回は液晶面に採用されると予想されるそうです。

液晶面に使用した場合、ゴリラガラスが3ドルのところ、サファイアガラスだと16ドルとなり、コスト高となるものの、それでも溶鉱炉を1,500台稼働させて、ダイヤモンドの硬度10に次ぐ「硬度9」の硬さを持つ、より傷に強い製品とするべく投資を行なっているようです。

すでに、液晶面にサファイアガラスを採用したスマートフォンとして、京セラ製Verizon Wireless向けスマートフォン「Brigadier」(MIL-STD-810G準拠)が発売されており、トリニティからは、iPhone5/5s/5c用 サファイアガラスプロテクターセット「TR-PFIP13-SPCC」が発売されています。


関連エントリー
WSJ:Apple、iPhone 6を、2015年度第一四半期までに7000万〜8000万台製造?
KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、iPhone 6の5.5インチモデルは、来年発売になると予測
次期iPhone 6は、曲面に沿うようにラウンドさせた曲面ガラスを採用している?
AppleInsider:KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏、Appleは2014年後半に新製品ラッシュを行うと予測
經濟日報:Apple、iWatchを2014年第3四半期に発売する予定?
經濟日報:Apple、4.7インチ液晶の次世代iPhoneとは別に、5.6インチ液晶ディスプレイを採用したモデルは別製品名が与えられる可能性あり?
工商時報:大型液晶採用の次期iPhoneは、50〜100ドルのコスト高になる可能性あり?



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事