NEWS

日本経済新聞:総務省、2015年度にスマートフォンのクーリングオフ制度導入を検討

日本経済新聞が、総務省は、通信速度が思ったより遅いといった理由で購入直後に解約を求める消費者が増えているため、スマートフォンのクーリングオフ制度導入の検討に入ったと伝えています。

対象は店舗での販売も対象となる予定で、購入から8日以内であれば、無条件で、一方的に契約を解除することが可能になります。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事