NEWS

TIME Tech:AppleのPhil Schiller氏、Appleは最高のiMacを作ることを常に考えている

TIME Techが、iMac (Late 2012)に関して、Appleのワールドワイドマーケティング担当ヴァイスプレジデントPhil Schiller氏へのインタビューを掲載しています。

Appleは、ユニボディ、バッテリー密閉化、光学ドライブ非搭載、フラッシュドライブ、コネクタの小型化など多くの革新性と旧技術の排除を実施てきて、常に論争の的になってきたが、現実としてずっと成長を続けアメリカのベストセラー製品になってる事実について質問すると、Phil Schiller氏は、最初のiMacの時から「初代のMacintoshと、最初のiMacから、最高の製品を作る」という考えは常にあり、これから本当に必要になるのか?故障の少ないのはどちらか?などを考慮した結果で、他のメーカーは、市場では衰退しているにも関わらず、そうした捨て去る選択を恐れるが、Appleは、そうした固執した考えはなく、誰でも気付いているが実行していない事に目を向けていると語っています。

経済が低迷すると、市場は安い物よりも支払った金額に対して価値ある物を選ぶようになり、一時の流行だったネットブックのような価値の無い物を拒絶し、低価格製品という答えとしてiPadを販売し、市場からの支持によってそれは証明されたと語っています。

また、iMacにBlu-rayドライブを搭載しなかったのは意思決定の遅延ではなく、あまり聞かれる事は無かったからだと語り、iTunes経由で高画質の映画を見る事が出来ると説明し、サービスを提供出来ず、ハードウェアで出来るかのような宣伝をする製品には興味が無いと説明しています。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事