ネットワーク

AirMac Express 802.11n (2nd Generation)を使用して、Wi-Fiスピーカー(AirPlay)環境を簡単構築

AirMac Express 802.11n (2nd Generation)

AirMac Express 802.11n (2nd Generation)

Appleの「AirMac Express 802.11n (2nd Generation)」は、AirMac ExtremeAirMac Time Capsuleとは異なり、3.5mmアナログ/光オーディオジャックを装備しています。

これにより、Mac、iPhone、iPad、iPod touch上のiTunesライブラリにある音楽や、Apple Musicなどの楽曲を、家にあるステレオやスピーカーにワイヤレスでオーディオをストリーミングする「AirPlay」機能が利用出来ます。


BSSP01U

BSSP01U

AirMac Express 802.11n (2nd Generation)のUSB 2.0ポートは、USBプリンタ接続用とされ、外付けHD用途には使用出来ないとあります。

バッファローのUSB電源/ステレオミニプラグ音源マルチメディアスピーカー「BSSP01U」のUSBケーブルをAirMac Express 802.11n (2nd Generation)のUSB 2.0ポートに接続してみたところ電源を入れる事ができました。


RT-USBVAC4QC

RT-USBVAC4QC

ルートアールのQC2.0対応、積算機能・VA同時表示対応、USB簡易電圧・電流チェッカー「RT-USBVAC4QC」で電流量をチェックしてみたところ、7mAh(5V/0.09A)程度しかないことが分かりました。

BSSP01Uは、最大0.5W x2出力なので、最大音量にしなければなんとか使える感じです。


AirPlay

AirPlay

AirMac Express 802.11n (2nd Generation)をAirPlayスピーカーとしてでのみ使用する場合、インターネット機能を構築する必要はありません。

Apple MusicからAirMac Expressを選択するだけで、AirPlayスピーカーが利用出来ます。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事