ネットワーク

Thunderbolt - ギガビットEthernetアダプタ ベンチマーク

MacBook Pro (15-inch Late 2011)と、Time Capsule 802.11n (4th Generation)のGiga Ethernetポートを有線LANケーブル接続し、LANディスクへのアクセス速度を「Blackmagic Disk Speed Test」を使用してパフォーマンスチェックしてみました。

試験環境は。内蔵Giga Ethernetポート、Appleの「Thunderbolt - ギガビットEthernetアダプタ」、「Apple USB Ethernet アダプタ」の3種類で行ってみました。

また、Time Capsule 802.11n (4th Generation)のIEEE 802.11n(5GHz帯)を使用した無線LAN接続でも計測してみました。


計測は5回行い、その平均値を評価速度としてグラフ化してみました。すると、Thunderbolt - ギガビットEthernetアダプタは、内蔵Giga Ethernetポートよりもわずかに遅いという結果になりました。Writeの速度差は少し開いてる気がしますが、Read性能値はほぼ同じだと思います。

Apple USB Ethernet アダプタはUSB 2.0ポート性能がボトルネックとなり、Write性能はIEEE 802.11n(5GHz帯)よりも遅いことが分かりました。

なお、MacBook Pro (15-inch Late 2011)は無線LANの11n/450Mbps/3ストリームに対応していますが、Time Capsule 802.11n (4th Generation)は11n/300Mbps/2ストリーム仕様なので、今回のような転送速度に留まっています。

無線LAN親機が3ストリーム対応ならば、約1.5倍の性能が出たと考えられます。


関連エントリー
Thunderbolt - ギガビットEthernetアダプタを、他のThunderbolt機器とデイジーチェーン接続した場合、アダプタのパフォーマンスに影響出る場合がある
アイ・オー・データ機器の5GHz帯対応IEEE802.11n準拠 450Mbps無線LAN Gigabitルーター「WN-AG450DGR」を試す


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事