Mac

GQ Magazine UK:Apple幹部、どのようにMacBook Airを作り直したかを語る

GQ Magazine UK

GQ Magazine UK

GQ Magazine UKが、MacBook Air (M2, 2022)に関して、Appleのインダストリアルデザイン担当ヴァイスプレジデントEvans Hankey氏、ハードウェアエンジニアリング担当ヴァイスプレジデントKate Bergeron氏、Mac担当シニアプロダクトマネージャーLaura Metz氏へのインタビューを掲載しています。

Hankey氏は「この製品は常に、少し挑発的な製品です。」と話し「最初のMacBook Airは、当時PowerBookだっただろうものからディスプレイの筐体を組み立てるところからスタジオで始まりました。」と語っています。

MacBook Air (M2, 2022)は、MacBook Pro (14-inch, 2021)、MacBook Pro (16-inch, 2021)と同時に設計されていますが、Appleのベストセラー・ラップトップだから最後に発表された製品となったそうです。

2021年にAppleが販売したMacの台数は推定2896万台で、前年比28%増になり、これは決して並大抵のことではありません。そのため、今回のリニューアルでは、Airのコアとなるエスプリを徹底的に見直す必要がありました。Hankey氏は「Airは、"何を残すか "ということで、とても勇気のいることだと思います。」と話しています。

2008年1月に発表した初代MacBook Airに関して、Bergeron氏は「1.8mmのハードディスクドライブを中心に据えたことは、私たちにとって大きな一歩でした。」と話し「そして、クレイジーなIOハッチ、小さな小さなファン、内蔵バッテリーなど、たくさんの発明がありました。」と語っています。

一方で搭載されているIntelのカスタムチップは以前のMacBookに搭載されていたものより60パーセント小さく、現在ではほとんどのiPadに負けてしまうほどの性能しかなく、Bergeron氏は「遡れば、あの製品は形こそ世界を変えるものでしたが、すべての人のためのコンピュータにはなり得ませんでした。携帯性が絶対に必要だ "という人たちのためのコンピュータだったんです。」と語っています。

2015年には、完全にファンレスで、わずか13mmの薄さと、当時の11インチAirよりも軽い新しい12インチ「MacBook」発表したことについてBergeron氏は「1つの大きな問題点?"ある種の人々にとって偏った存在だったと思います。USB-Cへの移行を先取りし、MagSafeを搭載していなかったのです。その大きさゆえに、製品に搭載できなかったものがあったのは確かです。」と説明しています。

2020年の前モデルよりも軽量かつ薄型になり、USB-Cに加えてMagSafe充電も当然搭載し、最も大きな変化として、Appleの最新M2チップを導入し、4K(または8K)ビデオ編集のマルチストリームを処理するのに十分なパワーと、18時間というバッテリー駆動時間を持つMacBook Air (M2, 2022)に関して、Metz氏は「M2は、何よりも電力効率に優れた方法でより多くのパフォーマンスを提供することを追求した冷酷な設計で、これらの主要分野をさらに強化しました。」と述べています。

Hankey氏は「薄型に見せるために、形やフォルムに工夫を凝らす必要はありません。それは、とても素直でシンプルなことなのです。」と話し、Bergeron氏は「統合の力作」と呼ぶものを実現するために、このシンプルな結果は、多くのコラボレーションに依存しています。ノートパソコンの筐体から底面を外すと、フルサイズのMagic Keyboardとトラックパッドに加え、大容量のバッテリーが丁寧に積み重ねられているのが分かります。この高価なジグソーパズルは、Appleのメカニカル・エンジニアリングチームがひとつひとつのパーツのサイズを計算し、スプレッドシートにまとめました。製品の密度が非常に高いため、質量中心が左右に大きくずれないように定期的に測定し「極限の」信頼性テストでは、パーティクルボードや花崗岩など、さまざまな素材の上に製品を引き伸ばして落とし、過酷な状況下でもすべてが所定の位置に保たれることを確認しました。パーツの寸法を測り、モデルまでさかのぼって、小さなネジ1本に至るまで、細部まで確認するのです。」と説明しています。

MacBook Air (M2, 2022)に追加された新色「ミッドナイトブルー」に関して、Hankey氏は「この色は、火山岩の玄武岩に由来しています。」と話し「この岩をご存知ですか?私の父は地質学者だったんです。」と述べたそうです。

Jony Ive氏が退社後、全てのプロダクトデザインを担当するHankey氏は、MacBook Air (M2, 2022)のリデザインに関して「ファミリー製品を一緒にやろうと思ったのは初めてです。Airを単独でデザインしたのではなく、MacBook Proと連動してデザインしたのです。」と語っています。


Designed by Apple in California:iPhone

Designed by Apple in California:iPhone

以前、Jony Ive氏は、DAZEDに掲載された2016年に発売した「Designed by Apple in California」に関するインタビューの中で、135ページに掲載されているボロボロの初代iPhoneに関して「それはデザインスタジオを管理しているEvansHankey氏のiPhoneです。かっこいいじゃないですか。彼女は自分の物を破壊します。でも、そこにはとても魅力的なものがあると思いました。それを入れるのは素敵だと思いました。使用するツールをデザインしています。そして彼女は間違いなくそれらを使用しています!。」とコメントしています。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事