Mac

Relay FM:Apple幹部、iMac (24-inch, M1, 2021)について語る

Relay FM

Relay FM

ポッドキャスト番組「Relay FM」のエピソード「The Time for Color is Now」に、Appleのワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアマネージャーColleen Novielli氏、Macアーキテクチャーエンジニアリングプログラム担当マネージャーNavpreet Kaloty氏がゲスト出演し、iMac (24-inch, M1, 2021)ついて語っています。


Novielli氏は、Appleが今年iMacにカラーを復活させた理由について「今こそカラーの時代」と説明し「この色は、明るさ、楽観性、そして喜びを感じさせるようにデザインされています。今、誰もが必要としていることだと思います。」と語り、このカラーは、ユーザーがiMacに対してより個性的な選択肢を与え、iMacを置く部屋のインテリアにマッチさせることができるようにデザインされていると説明しています。

新しいiMacのデザインは、ディスプレイの周りの白いベゼルやディスプレイの下のあごなど、いくつかの理由で物議を醸していますが、この白い縁取りについて、Novielli氏は「他の製品でおなじみの "アップルホワイト "というよりも、むしろ微妙な "ライトグレー "」と説明しています。

Novielli氏は「この縁取りは、典型的な家のデザインを補完するためのもので、背景に溶け込むようになっていて、ライトグレーのボーダーは素晴らしく、コントラストがはっきりしないことで、ユーザーによりシームレスな体験を提供することができます。」と説明しています。

前面のアゴについても、Novielli氏は「これがあるからこそ、色を輝かせることができる。」と説明し、iMacのすべての部品をあごの部分に詰め込むことで、iMacの厚さをわずか11.5mmに抑えることに成功したと語っています。

また、アゴの部分にAppleロゴがないにもかかわらず、背面のロゴがより鮮明に見えるのは、iMacが非常に軽いため、スタンドのヒンジポイントを低くすることができたからだそうです。

Novielli氏は、Touch ID付きMagic Keyboardを新しいiMacとは別に販売することについても質問されると、新たな詳細は語りませんでしたが、Touch ID付きMagic Keyboardは、どのM1 Macでも使用できることを強調しています。

Kaloty氏は、iMacのM1チップへの切り替えが、iMacの「あらゆる側面」に影響を与えたと説明していて、新しいデザインだけでなく、背面のThunderbolt/USB 4ポートへの切り替えや、マグネット式電源コネクター、スピーカーなども含まれていると語っています。

Kaloty氏によると、新しいマグネット式電源コネクターについては、Appleが電源と信号のピンをカスタム設計し、簡単に接続できるように「完全にセルフアラインメント」しているそうで、また、iMacのケーブルが意図したときにしか抜けないように、多くの「微調整」を行ったそうです。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事