Mac

Mac Pro (2019)は、注文によるCTOのみで標準構成モデルが用意されていない

Mac Pro (2019)

Mac Pro (2019)

Appleが出荷を開始した「Mac Pro (2019)」に関して、CTOのみで標準構成モデルが用意されていないことが分りました。

オンラインでも、他のApple製品の場合、標準構成を注文できる「選択」ボタンではなく、Mac Pro (2019)では「カスタマイズ」ボタンとなっています。

また、型番もCTOモデルを示す「Z」から始まる番号しかなく、店頭在庫で持ち帰り可能な「M」から始まるモデルは用意されていないようです。

店舗在庫としての標準構成モデルがないため、Apple正規販売代理店であるAmazon.co.jpや量販店のWebサイトで注文することはできず、店頭でのCTOオーダーによる注文のみの扱いとなっています。

また、在庫モデルが当面ないことから、実機展示は、限られたApple Storeでのみとなるようです。

2020年以降からは、Apple Premium Resellerのkitcutに加え、ヨドバシカメラビックカメラエディオンのAppleショップの大型店舗の一部でのみ展示がされるようです。


Pro Display XDR

Pro Display XDR

Pro Display XDRに関しては、店頭在庫で持ち帰り可能な「M」から始まる「MWPE2J/A」(Pro Display XDR - 標準ガラス)と「MWPF2J/A」(Pro Display XDR - Nano-textureガラス)であることから、需要と供給が落ち着いた段階で、店頭在庫されると考えられます。


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事