Mac

Mac mini (Late 2014)をチェック

Mac mini (Late 2014)

Mac mini (Late 2014)

Apple Storeが、Thunderbolt 2ポートを採用し、802.11acに対応した「Mac mini (Late 2014)」の展示および販売を開始したのでチェックしてきました。

筐体自体の変更はなく、Mac mini (Late 2012)との違いはありません。

今回、Apple Retail Storeでは、フルスペック仕様となる、Ultimateモデルの販売は予定されてないようです。


内部仕様的には、IEEE802.11acに対応しています。

背面ポートは、Thunderboltポートが、Thunderbolt 2仕様に変わり、加えて2つ搭載され、FireWire 800ポートがなくなっています。


底面を見てみると、従来まであったメモリ・アクセス・カバーを回すための丸いヘコミが無くなり、ユーザー自身でメモリ増設することが出来なくなりました。


OS XのこのMacについてを表示してみると、MacBook AirやMacBook Pro (Retina)のように、メモリがマザーボード直付けで、メモリ増設出来ないMacと同様に、メモリのタブが表示されません。

Mac mini (Late 2014)で、メモリを増設するためには、Apple Online Storeや正規販売店で、CTO注文するしかないようです。


関連エントリー
Mac mini (Late 2014)ベンチマーク

関連情報
Mac mini (Late 2014) - 技術仕様
Mac Mini Late 2014 Teardown(iFixit)



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事