Mac

MacBook Air (Mid 2013) をチェック

MacBook Air (Mid 2013)

MacBook Air (Mid 2013)

Appleが発売を開始した「MacBook Air (Mid 2013)」をチェックしました。

以前のMacBook Air (Mid 2012)と比べて、筐体デザイン等の変更はとくにありません。


MacBook Air (Mid 2013)

MacBook Air (Mid 2013)

唯一の変更点は、サイド側にあるマイクがデュアルマイク仕様に変わったことです。

以前はアルミ筐体にデザインされたマイクでしたが、今回は小さな穴に変更されています。


MacBook Air (Mid 2013)

MacBook Air (Mid 2013)

反対側のサイドポートの形状に変更はありません。


MacBook Air (Mid 2013)

MacBook Air (Mid 2013)

インストールされているシステムは「OS X Mountain Lion 10.8.4 build 12E3067」でした。


MacBook Air (Mid 2013) 省エネルギー

MacBook Air (Mid 2013) 省エネルギー

IntelのHaswellを採用したMacBook Air (Mid 2013) の省エネルギーを見ると、従来まであった「コンピュータのスリープ」項目が無くなっています。

これは、おそらくOSでコントロールするよりも、Haswellの「Power Optimizer」にまかせた方が効率が良いと判断されているからなのかもしれません。


Intel HD Graphics 5000

Intel HD Graphics 5000

Intel HD Graphics 5000に変わったことで、ビデオメモリとしてメインメモリ共有が1GBに増えています。

Intel HD Graphics 4000の場合は384MB〜768MBの共有だったので、増加したことになります。

参考:Intel ベース Mac の統合ビデオについて


SATA/SATAExpress

SATA/SATAExpress

APPLE SSDは、PCIe x2のSATA Express接続で接続されています。

そのため、システムプロファイラに「SATA/SATAExpress」という項目が表示されます。


MacBook Air (Mid 2013)

MacBook Air (Mid 2013)

Wi-Fiの項目には、BroadcomのBCM43xx(BCM4335)が使用されていることが確認出来ます。

今後、Macではこれが基本チップになると考えられます。




関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事