Mac

Mac mini (Late 2012) ベンチマーク

Geekbench

Geekbench

Geekbench(64bit)を使って、Apple Retail Storeで、Mac mini (Late 2012)のベンチマークを計測してみました。

比較データとして、Mac mini (Mid 2011)ベンチマークの計測データを使用しています。


CPUパフォーマンスとIvy Bridgeによるメモリパフォーマンス値が高いようです。

Mac mini (Late 2012)/Core i7 2.3GHzは、クロックは低いですが、クアッドコア仕様のため、パフォーマンスが高いことが確認出来ます。


Geekbenchデータ
Mac mini (Late 2012)/2.3GHz Core i7/4GB RAM/1TBHD
Mac mini (Late 2012)/2.5GHz Core i5/4GB RAM/500GBHD


Xbench

Xbench

Geekbenchでは、GPU回りの計測が出来ないので、次にXbenchを使って、グラフィック回りのみのベンチマークを計測してみました。


Mac mini (Late 2012)/Core i7 2.3GHzのIntel HD Graphics 4000、Mac mini (Mid 2011)/Core i5 2.5GHzのAMD Radeon HD 6630M、Mac mini (Mid 2011)/Core i5 2.3GHzのIntel HD Graphics 3000、Mac mini (Mid 2010)/2.4GHz(Core 2 Duo)のNVIDIA GeForce 320Mとの比較になります。

これまでMac miniでは上位機種に別GPUを搭載する仕様でしたが、Intel HD Graphics 4000のパフォーマンスが高いせいか、CPU内蔵GPU仕様のみとなったと考えられます。


Mac mini (Late 2012) シリーズで採用されたCPU/GPUは以下の通りです。

Intel(Max Turbo クロック)
Core i7-3615QM/2.30GHz(3.3GHz)
Core i5-3210M/2.50GHz(3.1GHz)

GPU
Intel HD Graphics 4000


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事