Mac OS X

Microsoft、Office 365のmacOS Catalinaサポート情報を公開(Office for Mac 2011は起動しない)

Office 365のmacOS Catalinaサポート情報

Office 365のmacOS Catalinaサポート情報

Microsoftが、Office InsiderのYouTubeチャンネル「Office Deployment Insiders」において「Office, Catalina, and You」を公開し、Office 365のmacOS Catalinaサポート情報を公開しています。

Microsoftは、Office for Mac最新版のmacOS Catalina対応を進めているそうで、Office 365 or 2019 build 16.26以降、Office 2016 build 16.16.11以降であれば、macOS Catalinaベータ版でテスト出来るそうですが、Insider版は公証情報がないため手動でインストールする必要があるそうです。


Office 365のmacOS Catalinaサポート情報

Office 365のmacOS Catalinaサポート情報

macOS Catalinaリリース後は、サポート情報「Microsoft は Office 2019 for Mac および Office 365 for Mac の OS 要件を変更する」のポリシーにより、macOS Sierra 10.12のサポートが終了します。

また、macOS Catalinaは32bitアプリケーションを起動出来なくなるため、Office for Mac 2011は起動しないと説明しています。



関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事