Mac OS X

OS X Yosemite:iOS 8のデバイスとAirDrop経由でファイル送受信が可能に

これまで、MacとiOSデバイスとの間で、AirDropを使用した共有が出来ませんでしたが、OS X YosemiteiOS 8の間では、AirDropを使用した共有が出来るようになりました。

AirDrop を使うには、Apple ID を使って iCloud にサインインしている必要があります。

Wi-Fi および Bluetooth 4.0を使って情報が転送され、また、相手が同じ Wi-Fi ネットワーク上、または約 10 メートル以内にいる必要があります。

BluetoothとWi-FIを両方オンにする必要がありますが、インターネットに接続されている必要はありません。


FinderからAirDropに移動して「古い機種のMacを検索」が選べるMacは、Bluetooth 4.0に対応しています。

Bluetooth 4.0に非対応のMacの場合は、こうした項目は表示されず、Wi-Fiを経由したMac同士のAirDropのみとなります。

なお、転送はセキュリティのために暗号化されます。


Bluetooth 4.0に対応し、機能サポートされているMacは以下の通りです。

Mac Pro (Late 2013)以降
iMac (Late 2012)以降
Mac mini (Mid 2012)以降
MacBook Pro (Mid 2012)以降
MacBook Air (Mid 2012)以降


関連エントリー:OS X Yosemite:iOS 8デバイスとの、Instant Hotspot、Handoff、AirDropは、Bluetooth 4.0(BLE)仕様のMacでのみ利用可能


関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

新着記事